ミーア大失態

| コメント(0)
それはミーアがトイレに入っていたときのこと。
 
ふっと見ると、ミーアが神妙な顔で、足を3本トイレの縁に乗せて踏ん張っている。
 
「おっ!これは○ンチだな♪」と思ってじーーっと見ていると、
 
私の髪の毛を飲み込んでいたのか、
 
コロコロした○ンチが数珠繋ぎになって、お尻からぶら下がっているのではないか!
 
しかし、当のミーアは全部出し切ったと思って、
 
3つの○ンチをぶら下げたままトイレから出てしまった!!
 
でも、歩いたらブラブラとモノがくっついてる感触がしたようで、
 
ミーアは気味悪がってへっぴり腰になり、お尻を床にこすりつけながら進むという、
 
なんとも滑稽な格好で家中走り回った。
 
それを見ていた私は思わず笑ってしまった(^o^)
 
こんなマヌケな猫、見たことない。
 
しかも、やっと○ンチが取れて、ミーアが毛繕いしているそばで、
 
ジュニアはトイレに入っているミーアの○ンチに砂をかきかき、
 
ウインクは床に転がっている○ンチの周りをかきかき、
 
まるで、「ダメじゃないか、○ンチしたら砂かけしなくちゃ(こんなところに○ンチしちゃ)。」
 
とお父さんにダメ出しをしているようで、なんともおかしかった。
 
 
 
その日以来、ミーアに「お尻から○ンチぶら下げて家の中走り回ってたの~」とからかうと、
 
ミーアはバツが悪そうな顔して、下を向いてしまうのだった。
 
さっきまで私の膝の上に乗っていたのだが、このことを書いていると、
 
黙ってくっさ~~いオナラをしてどこかへ行ってしまった。
 
よっぽど悔しかったんだね、ミーア?(^^)
 
x1pxOYwqu4SjF72lDWSTueOUj6CJcmwod4xNLz6P20uc4vpcrulsW637LoCJXlZYO0e_X6pbNsmePInk3kaNI5v1C1zCmTLJrVcH28i4hByp6FrnKuXTWQABeulnyTqiqz5i0AefbCUkvsyViih6pZEVpPntFEhuXCz.jpg
!!取材はお断りだよ!
 

えーーと、余談ですが、このブログを始めて最初の頃に、私は
 
「不可抗力による障害がない限り、ミーアのことを書き続けるつもり」というようなことを書きました。
 
詳しくは書けないが、ちょっとその障害が生じつつありますので、
 
もしかしたらもうすぐ終わりにするかもしれません。
 
なんとかそれまでに現在あるミーアのネタを全部書けたらなと思います。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます