珍病家族(私編)

| コメント(0)
 びまん性悪性腹膜中皮腫
 
「肺を包む「胸膜」、肝臓や胃などの臓器を覆う「腹膜」、心臓を包む「心膜」の表面に存在する中皮細胞に発生するガンを悪性中皮腫といいます。発生部位によって悪性胸膜中皮腫、悪性腹膜中皮腫、悪性心膜中皮腫に分類されます。まれなガンといわれてきました」(「家庭の医学」より)
 
今年、アスベスト問題でたくさん報道されて有名になっていた中皮腫、
 
でも実は「発病頻度は肺がん100例に対し1例程度」という珍しい病気(ガン)である。
 
そして、中皮腫のうちの80%がアスベスト問題で取り上げられている胸膜中皮腫で、
 
腹膜に発生する中皮腫はもっともっと珍しい病気。
 
さらに、発病者は女性より男性が多く、年齢層として、平均50代というデータがある。
 
なのに、なのに!!
 
まさか20代の私が、もっとも珍しい腹膜中皮腫にかかるとは・・・
 
連続4回ドリームジャンボの一等賞に当たるようなもの??
 
病気の原因はまだ解明されておらず、
 
あまりにも稀な病気のため、症例が少なく、治療法も確立されていないのが現状らしい。
 
ちなみに私が入院している有名な大学病院でも、過去に3例しかいなかったそうだ・・・
 
そんなわけで、来週月曜日から手探り状態の治療が始まる。
 
抗がん剤を使うため、強い副作用が予想され、しばらくは外泊も外出もできないので、
 
先生は気を利かせて、今回の外泊期間をとても長くしてくれた次第である。
 
 
 
最初に診断を聞いたときはショックを受けたけど、
 
でも今は自分のことよりも彼のこととウインクが心配である。
 
そして、これからジュニアを病院に連れて行くが、いったいどんな病気が診断されるやら・・・(汗)

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます