カミングアウトしちゃいます

| コメント(0)

さっきmiyumilさんのブログを見て思い出した、

私のノラ猫虐待事件(?)。

 

ケース1  子猫拉致事件

昔、実家の私の部屋は庭の前に位置していて、よくノラ猫達が庭に遊びに来るのを見かけた。

いつも母にナイショで、ハムやらミルクやらを盗み出して、ノラちゃんたちにあげた。

中にはうちの庭で出産した母ネコも。

子猫の姿は見えなかったが、よく「みぅみぅ」元気そうに鳴いてるのを聞いて、

「あぁ、子育ても大変だろうな、お腹いっぱい食べさせてあげよう。」と思った。

子猫が無事大きくなったある日、窓際にえさをおいたら、

ひょこっと一匹子猫が現れて、クンクン匂いを嗅いでから、もぐもぐ食べ始めた。

試しに窓からぽんぽんと部屋の中へえさを並べていったら、

その子猫はえさに釣られて、どんどん部屋の奥へ入ってきた。

そこで、私は窓まで猛ダッシュして窓を閉めた。

子猫は閉じ込められたと分かって、えさもそっちのけて、部屋中大暴れし始めた。

なだめようと手を伸ばしても、ガブガブ噛み付かれるばかり。

でも、不思議なことに、子猫がニャーニャー鳴いても、

母ネコはチラッと中を見ただけで、慌てるふうもなく、えさを食べていた。

危険はないと分かってくれていたのかしら。

子猫の方は諦めたのか、おとなしくなって、私が用意した箱に入って、丸くなった。

あんなに食い意地張っていたのに、ハムとミルクをあげても、見向きもしない。

撫でても噛まなくなったが、すねすね状態。

かわいそうなので、窓のところに抱っこして、放してあげた。

子猫は一目散に母ネコのところに走って行って、うぎゃーうぎゃーと抗議を始めた。

「お母さん、なんで助けに来ないんだよ~!こわかったにゃ~。」

母ネコはようやくえさを食べるのをやめて、ペロペロわが子をなめた。

「大丈夫だよ。あの人はこわくないから。無事に帰って来れたでしょう。」

と言っているようだ。(←そう思うのは私だけ?(^^;;)

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントする

アーカイブ

Powered by Movable Type 4.23-ja



写真ピックアップ!

  • y1pARhnS1f_byjjknFNM239oGADlIQViSC6f1ZLHWHsM1U_JfEyXj9EtYMvJeOIoCZh.jpg
  • y1pGdBKUHE9BBCmXI6yClJrqXJgjc_GqDuuoh9ow-cNIDsiFL0FdF1-Gbfp5DBv9ibr.jpg
  • y1pGdBKUHE9BBD-fFWSV0kCZ7CnHFjfUQ2O0QTr82N1zKsrj_2T5lvJlBLLUNykD7HW.jpg
  • y1pGB6PzuSn78XPCVFusDYmQpyc3HQtWZ6F2Edb87fCJhvKnF0WsWA8aw7aqmyxYVl0.jpg
  • y1pofKd2W_r7oyOvzVvmEdNkdzffJSHgCynt-XPXpHgZTQEjAx-odWcrBQ8ZDQoa5OTNOr6eblzWh0.jpg
  • y1pofKd2W_r7owSU-78DzMmGwT1nqgDo7FKP04FpnHfNoRiU5KaljJg-os5BgDnFqMkP4zgnx4rPp4.jpg
  • y1pX4sxOpbBrOD68pBnC8sTQwxDh4lBPM4Y3TgwFbyfbu6kXnwEu4-iuivnVxSKqoiRNjA7v33ZLm0.jpg
  • y1pCei_TK-fhg5fzK90uX1HsHbat9zcXdFtebKo3CO8Y9vOS7ZaO80VGbbehU6VvZmS4xIBSo1fh-Y.jpg
  • y1pcvAsZ2ZHEXpTODgAEOmJT7enD3wS7QVoYsDfe53Qp7LM1T9eKynlRdqjzguR8KPgQQC-kbONDNI.jpg
  • y1pxf5qiR0rLEIPKMPwVnfFhxXZAK2hmjtprd-zOZ3Gm5zkeoatZIGTSF3XpYkWtx1MyaJoXG1V9Dk.jpg